リモート面接

query_builder 2021/01/31
人事労務
good-faces-yWTUg04EZU8-unsplash-640x360

こんにちは。遠山社会保険労務士事務所です。


コロナの影響が続く中、オンラインで面接をする ”リモート面接” が増えてますね。今後もこの流れは続き、採用方法の1つになっていくと考えられます。

そこで今回は、リモート面接を実施する際の注意点について簡単にまとめていきます。



 1、事前準備をする

どのツール(Zoom、Webex等)を使うのかを決め、事前にPC等にインストールしておきます。既にそのツールをインストールしている場合には、最新版にアップデートしておきましょう。候補者にも詳細を知らせておきます。面接の場所については、通常の面接時と同じで静かな場所を確保すべきです。また、ノートPCやタブレットを使用する場合のWi-Fiの電波状況、充電のためのコンセント位置も忘れずに確認しておきましょう。


 2、機器の調整

面接実施の前日か前々日には、ツールをテストし、不具合が生じたときの対応を考えておきましょう。PC等のカメラ、マイク、スピーカー、インターネット接続、ログイン情報も確認しておきます。しばらく使用していなかった場合は、特に注意が必要です。


 3、トラブル時の準備

しっかりと準備をしたにもかかわらず、面接時にツールが作動しなかったり、通信障害が発生した場合に連絡できるよう、候補者の電話番号とメールアドレスが記載された書類を手元に置いておきます。通信障害の問題は頻繁に起こりやすいので、面接中でもすぐに電話面接に切り替えられるようにしておきましょう。面接中のポイントは、しゃべるのは1人だけと意識することです。候補者と言葉が被らないようにしましょう。


 4、面接後

面接が終了してから、ツールを終了させます。候補者とつながっている状態ですぐに切ることが無いように気を付けましょう。候補者に退出を促したあとにある程度時間をおいてから切るようにします。



リモート面接を実施するときの注意点についてまとめてみました。何事もそうですが、準備がとても大切ですね。きちんと準備ができていれば、リモート面接自体は難しくはないので、慣れてくれば問題ないでしょう。うまく活用すれば、リモート面接は非常に便利で効率的な取り組みです。まずは試験的に始めてみながら、今後の運用を検討されてみてはいかがでしょうか。

NEW

  • 【法人様必見の助成金】65歳超雇用推進助成金

    query_builder 2021/04/14
  • ホームページ開設致しました。

    query_builder 2021/04/14
  • 労務業務のアウトソーシング

    query_builder 2021/03/20
  • 年金事務所の調査

    query_builder 2021/03/08
  • キャリアアップ助成金

    query_builder 2021/03/02

CATEGORY

ARCHIVE