雇用調整助成金(特例措置)の延長後

query_builder 2021/01/25
人事労務
sebastian-herrmann-jzTQVxCyKYs-unsplash-640x360

こんにちは。遠山社会保険労務士事務所です。


政府より雇用調整助成金(特例措置)を延長する方針が発表されました。緊急事態宣言解除の翌月末を期限とする仕組みを導入し、現在2月末となっている期限を3月末に伸ばす方針です。


それでは、雇用調整助成金(特例措置)が終了したらどうなってしまうのでしょうか?


コロナの影響が収束する様子が全く見えないなかで、失業者があまり増えていないのは、雇用調整助成金の存在が大きいと思います。コロナの影響についても、今後すぐに好転していくとは思えません。

その中で、雇用調整助成金(特例措置)が終了となれば、会社は従業員の解雇や雇い止めを考える可能性が高くなるかもしれません。従業員もこの状況の中で、解雇される訳にはいかないと考え、結果、多くの労働トラブルが発生することも考えられます。


今からでも万が一の解雇に備え、法律や就業規則の見直し、整理解雇の4要件(経営上の必要性・解雇回避努力・人選の合理性・労使間での協議)の検討、解雇者へのフォローシステム、経営者の覚悟等々少しづつでも進めていくことが必要かもしれません。


解雇はとてもデリケートな問題です。社会保険労務士の立場で支援できることもございますので、解雇を思い付いたとしても、安易に解雇権を行使せず、一度専門家にご相談ください。

NEW

  • 【法人様必見の助成金】65歳超雇用推進助成金

    query_builder 2021/04/14
  • ホームページ開設致しました。

    query_builder 2021/04/14
  • 労務業務のアウトソーシング

    query_builder 2021/03/20
  • 年金事務所の調査

    query_builder 2021/03/08
  • キャリアアップ助成金

    query_builder 2021/03/02

CATEGORY

ARCHIVE